HACCP対応

HACCPを実行するには、衛生的な環境を維持することや、従業員のモラルを向上することなどが前提となります。
清掃しづらい箇所に汚れが蓄積し、長年放置されるような事例がたくさんあります。このような悪循環を断つには、従業員の方の教育だけではなく、予め清掃しやすいレイアウトにすることや、水や薬品に強い素材を使うなどの工夫が重要と考えております。アイ・ティ・エスでは、お客様が重要な品質管理に集中できるよう、衛生的な環境を維持しやすい設計を目指しております。

HACCPについて

HACCPとは英語のHazard Analysis Critical Control Pointの頭文字をとった略称で、「危害分析重要管理点」と訳されています。

HACCPは1960年代にアメリカのアポロ計画が推進された際に宇宙食を作るために考えられた方法で、安全な食品製造のための衛生管理の方法です。
日本では1995年に改正された食品衛生法の中に、「総合衛生管理製造過程」として承認制度が導入されました。現在は乳・乳製品、食肉製品、魚肉ねり製品などが承認の対象ですが、全ての食品の衛生管理にHACCPの導入が奨励されています。
HACCP方式による衛生管理は、原料の受入れから製品の出荷にいたるまで、危害が混入しうる箇所を予測して管理することで事故を防ぐという考え方です。
HACCPを実行するためには、衛生的な環境や従業員のモラル向上などが図られていることが前提となります。ITSでは日々の清掃や衛生に対する意識の向上がHACCP導入の一歩であり、導入後も継続される重要なテーマであると考え「作業しやすい環境」を提案して参ります。

当社の業務内容、施工に関する事などでご質問、お問い合わせをお送りください。
お問い合せ・ご相談は無料で承っています。お気軽にご利用ください。

×