松屋フーズ様 富士山工場 カット野菜工場

衛生前室

工場入室前の手順が書かれています。初めて入室されるの方でも、手順に沿って準備できるようになっています。 作業者の衛生を保つため、マニュアルの徹底とともに、滞りなく準備できるよう配慮しています。 (当社オリジナル)

レタストリミングライン

トリミング後のレタスは中央のコンベアで搬送されます。まな板部分は開くことができ、簡単に洗浄できる構造になっています。
(当社オリジナル)

目視検査用コンベア

カット後のレタスは、傷んだ葉や虫、その他の異物が混入していないか調べます。
検査の精度を上げるため、下から照明を当てる構造になっています。 (当社オリジナル)

流水廃棄システム

カット野菜工場では野菜の外葉、皮などたくさんの残さいが出るため、廃棄場所へ運ぶ作業が多くなります。
富士山工場では、これらの残さいを流水で廃棄場所に搬送するシステムを導入しました。 (当社オリジナル)

レタス洗浄ライン

カット後のレタスを殺菌洗浄します。次亜塩素酸ナトリウムは自動注入し、一定の濃度に保ちます。新鮮な水を常に供給する流水式と、一定の塩素濃度を保ち確実に殺菌する注入機を組み合わせた洗浄機です。 (当社オリジナル)

キャベツライン

洗浄後、スライサーに搬送するコンベアです。イントラベルトはカーブ部分も自由につくることができます。 (当社オリジナル)

ミックスライン

既存の工場を改築し立体的な 無洗米の工場を作りました。

計量・包装ライン

ミックス後の野菜はイシダ・コンピュータースケールにより計量されます。 商品の性質や他の機械との連動を考慮し、最適な計量システムを構築します。

×